家賃保証会社の活用

連帯保証人がいない人のための家賃保証会社

通常、賃貸マンションなどに入居する時には、連帯保証人が必要です。連帯保証人は、賃貸契約を結んだ人が、家賃を滞納した時に、代わって支払をする義務がある人です。そのため通常、親や兄弟などの親族が連帯保証人になることが多くあります。しかし、親が連帯保証人に慣れない場合や、頼れる親族がいないいというケースもあります。そんな時には、家賃保証会社と契約を結ぶ場合が増えています。家賃保証会社とは、連帯保証人になる人がいない場合に、連帯保証人となってくれる会社です。家賃の支払いができなくなった場合などには、家賃を立て替えて支払ってくれます。あくまでも立て替えているだけなので、後から契約者が返済をする必要があります。しかし、連帯保証人が見つからないという人にとっては、非常に助かる会社です。

家賃保証会社を利用するにあたって

最近では、連帯保証人がいても、家賃保証会社との契約が必要な賃貸物件もあります。より、確実に家賃を払ってもらうための方法として、このようなケースが増えているようです。家賃保証会社と契約をする時には、保証料などの費用がかかります。家賃保証会社は、賃貸物件を借りたい人の中に、自分に収入はあるけれど連帯保証人になってくれる人がいないというケースが多くなったためできた会社です。核家族化が進めば、このようなケースはさらに増える可能性があり、家賃保証会社の需要は増えるかもしれません。自分でそのような会社を知らない場合には、賃貸物件を探す時に利用している不動産業者などに相談をすると、紹介してもらうことができます。